ペプチドの大きさが最も効率よく体内に吸収できる大きさ

ペプチドの大きさが最も効率よく体内に吸収できる大きさ

アンセリンのようなペプチドは、分子構造が小さく、体内に吸収されやすいので、栄養素として有効に活用できると言われているそうです。

ペプチドと同じようにアミノ酸の結合によってできているタンパク質は三大栄養素のひとつですから、当然ながら体に有益な成分をたくさん含んでいますが、ペプチドより多くののアミノ酸が結合してできているので、その分だけ分子構造が大きくなってしまい、その有益な成分を活用するには、消化器官などで分解して、アミノ酸やペプチドの単位まで小さくしないと体内に吸収することができないそうです。

そのため効率が悪くなり、消化できずに無駄になる分も出てきてしまうこともあるようです。

アンセリンの場合は、二つだけのアミノ酸からできているペプチドですから分子構造が小さく、効率よく吸収できる成分と言えるようです。

そうなると、より小さいアミノ酸の形の方がより良いように思いましたが、そうではないようで、ペプチドが最も体内に吸収されやすい大きさだと言われているようです。

痛風の予防に効果があるサプリメント

以前、特に足をひねったり、どこかにぶつけたりした覚えがないのに、足首が急に痛み出したことがありましたが、病院で診察してもらったところ軽い痛風だと言われたことがあります。

痛風という名前は、風が吹いただけで痛みが出ることから名づけられたそうですが、その時はそれほどひどくなく、軽い捻挫をした程度の痛みで済んだので助かったと思いました。

痛風は中高年の男性がかかりやすい生活習慣病と言われますが、明治以前には日本で通風を発病する人は、ほとんどいなかったはずだと言われているそうです。

これは当時の日本の食生活では痛風にかかる要因になるような食べ物をそれほど多く摂取するとは、考えにくいためだそうです。

アンセリンの効果

逆に、最近は食生活の変化で若い人でも発病することが多いようです。

痛風の治療や予防には食生活の改善が重要になってきますが、アンセリンを含んだ健康食品やサプリメントなども効果があるそうです。

アンセリンは痛風の原因となる尿酸の生成を抑制するなどの効果があるそうです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。